2014年09月09日

近況報告的な・・・(^−^)

今月は入門塾もなく、暇??と思いましたが、次回公演の人形つくりのお手伝いに通ってます。
他の塾生の方や、卒業生の方も入れ替わり立ち代わり、衣装縫い作業や素材の着物を解体し洗い、アイロンをかける、人形の髪の素材をほぐす、素材を取った後の着物を片づける等々、猫の手でも結構お役立ち♪
既に稽古場では連日の稽古が行われてますので少しでも早く人形や道具を揃えねばなりませんものね。
とはいえ・・頭の作成や、糸の調整とかは出来ませんので、とにかく縫い物、休日も昼前後に入って夜までずーっと縫い物してます。
ただ、自分が行かれる日に、その日に出来る作業をしているので流れ作業になって一枚の衣装を一人で仕上げるまではなかなかできません。
途中でバトンタッチして入れ替わることが多いです。
それでもK条、白衣6枚、ジャケット、ロングスカート、ペチコート、その他袖の部品等々。
へへへ!!(*−*)V♪
人形の衣装は基本が手縫いなんだそうです。
ミシンだと硬くなって人形の動きの妨げになっちゃうそうなんですよ、繊細ですなあ。
人間だったら布用ボンド(笑)って手もありますが、もーっと硬くなっちゃうから以ての外でしょうな。
ただし、目刺し君(一度に何体も動かす人形達)は繊細な動きはしないので衣装はミシン縫いOK!
大量生産!因みに劇中の白衣の目刺し君たちの白衣はほぼK条作ですぞ!(えへん!)
目の前では特殊な動きをする人形の仕掛け作る相談をしたり、作りたての頭に丁寧に髪の毛が植え込む作業がされてます。
結髪というのでしょうか??頭作り♪自分も凄くやってみたいなあ♪って思います。(^-^)
縫い物しつつ、そんな作業がすぐ近くで見られるし、いろいろな知識が増えて勉強になります。
しかし座員の方々は朝から晩まで稽古場に詰めて、稽古時間以外はずっーと作業。
人間の衣装や装置は他の人に頼むこともできますが、人形や人形が遣う小物は、人形遣い自身が一つ一つ手作りするのです。
人形遣いって、演じるだけでなく、ある意味人形つくりの職人でもあるんですねぇ。
とにかく稽古で必要な人形から優先して作っていきます。人形を作り終わらないと稽古に専念することも出来ないんですね。
まともな食事もされてない方もいるようで見かねた塾の卒業生が、昼ご飯を作って振る舞ってくださったりもしてます。
わしらもしっかりご相伴にあずかりました♪現場での手作りご飯は美味い♪
わしらお手伝いはとにかく無理しない範囲で!と何度も言って頂いていますが、作業は楽しいし、座員の方の消耗具合を見ていると出来る事はやらねば!って気になります。
きっと他の塾生の方も同じなんだと思います。K条を含め4人ほどがほぼ入れ替わり立ち代わり作業場に詰めて作業してます。
少しでも早く、作業を終わって皆さんが稽古だけに集中できるよう塾生も頑張ってます!!(^0^)
posted by K条 at 11:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その後、うんこダンサーズのおしゃれな形の袖を大量生産♪(勢いで作ったので、入らなかったらどうしようと心配でしたが、ちゃんと着られたようでホッと一安心。)町子さんのお布団カバーかけ直し♪生地のペイントもやったよん♪まだまだ働くぜい!(^-^)V
Posted by K条 at 2014年09月18日 14:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック