2014年09月09日

大神神社、・桧原神社

DSC_0935.jpgDSC_0937.jpgDSC_0941.jpgDSC_0946.jpgDSC_0947.jpgDSC_0950.jpg
翌朝はぐったり、動くの面倒くさい・・なんて思っていたのですが、ホテルの無料モーニングで突如元気復活!
そうだ!大神神社行こう!!(^○^)JR一本で行けるし、パワーを頂いてくるのだ!!
水筒2つに氷と水分をたっぷり、冷える襟巻も装着していざ三輪へ!
雨予報を裏切って、今日も快晴!かんかん照りの良い天気。
当然めちゃ暑いのですが、大神神社の鳥居を越えて、境内へ入った途端、木立ちと水ですうっとヒンヤリ。
自然のクーラーが気持ち良い。土と木と水があればこんなに涼しいのに・・。
アスファルトで固めて、クーラー入れて人間ってなんて馬鹿な事をしてるんだろう・・なんて考えつつ参拝。
境内は広いのですが、以前は殆ど回らなかったので、無料休憩所で境内案内を見ながら思案する。
狭井神社(さいじんじゃ)まで行くと薬井戸があってご神水があるそうな。
山の辺の道をちょっと歩くと桧原神社というのがあって、二上山まで見渡せて景色が凄く良いらしい、行きたいけど無理かなあ。(*-*)
とりあえず狭井神社までは行ってみるべと、歩き始める。
数分で着きましたが、なんと狭井神社のすぐわきが、ご神体の三輪山への登山口でした。
ひっきりなしに人が来てました。自分も登りたいと思いましたが、一人だし登山は止めておきました。
一回りして御神水頂いて帰ろう・・と思ったら、「桧原神社まで20分→」との立札が!!(@Д@;)
わお!行ってみたい!と考える間もなく山の辺の道に踏み出してました。
ほぼ山の中の人一人通るのがやっとのような道を「どうしよう?危なくない?戻った方が良いのじゃない?でも、もうちょっとだけ、あの角まで。」大神神社でお借りした竹の杖を突きつつ、歩きだしたら止まらない状態でどんどん、どんどん!
出発してすぐにハイキング状態なお兄さん一人とすれ違っただけで、マジ誰もいない!
無人ですが茶屋っぽい家があったり、綺麗な田圃がありましたので、山の中とはいえここまで手入れしにくる方がいるのでしょう。
「ここで行方不明になったら、S野君が大神神社行くと言ってました・・なんて証言してくれるかな?」なんて妄想したり、「いざとなったらこの竹杖で戦う?軽いから有効な攻撃はやっぱ突きだろ。」なんて竹杖で素振りしたり(爆)。
途中の小さなお社の前で大きな黒揚羽が迎えてくれたので、もう少し先まで頑張ってみることに。
さらに「あと0.3KM」の札があったのでさらに進むことに。
同じ立札にあったお屋敷?みたいなのがあったので、もうちょっとだけ。
・・・と!!ありました!!ついたあ!いきなり境内に到着!!

posted by K条 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大神神社より山辺の道へ

DSC_0954.jpgDSC_0951.jpgDSC_0953.jpgDSC_0959.jpgDSC_0960.jpgDSC_0964.jpgDSC_0968.jpgDSC_0969.jpg桧原神社ではおじさんが一人、せっせとお掃除をしていました。
大神神社で見た写真と同じに鳥居越しに二上山が見えました。
大津皇子が一時葬られたといわれる山で、姉の大伯皇女の「うつそみの人にあるわれや明日よりは 二上山を弟背(いろせ)とわが見む」という歌がありましたね。うん♪としばし堪能。
しかし到着して、満足してはいられません。
大神神社に戻って杖をお返ししなくては!!無事に来れたのは杖の御蔭に違いない!頑張るぜい!!と自分に言いつつUターン。
こういう時って、行きはあんなに長く感じたのに帰りは半分くらいの時間にしか感じません。
それに帰りは、道掃除をしている人や、ランニングをしている人、大神神社から自分と同じように歩いてきたらしい人達、数組ともすれ違いました。
人いるじゃん!さっきは早すぎただけ??
そしてなんと!行きにであったお社の前では、黒揚羽がまた出迎えてくれたのです。
「揚羽さん、おかげさまで無事に行ってきましたよ。ありがとう♪」。(^-^)
あっという間に、出発地点に到着!!
ふと見ると大和三山が見渡せる丘があるらしい、勢いでそこも登りました。(笑)
右手から耳成、畝傍、ちょっと離れて天の香久山。空は真っ青♪山は緑、きれいだなあ♪
神社も古墳も好きですが、奈良のこういう風景が好きで、くそ暑くても来ちゃうのだと思います。
すっかり満足して、帰りに頂こうと思っていた御神水の事はすっかり忘れて戻ってきてしまいました。残念(^-^ゞ
再び大神神社の休憩室で一休みして水分補給、電車の時間を計って奈良に戻って来ました。

posted by K条 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万灯籠待ち♪

DSC_0970.jpgDSC_0971.jpgDSC_0974.jpgDSC_0972.jpgDSC_0975.jpgDSC_0977.jpgDSC_0979.jpg奈良に戻って駅で「葛うどん」なんぞを頂いておりますと、S野君から「まもなく奈良到着!」連絡!!(^-^)♪
クマニアK条は日航奈良ホテルで「くまぶし君」茶色バージョンを購入、興福寺の国宝館を見てちょっと時間をつぶし、昼食べて、ホテルへ荷物置きにいってきたS野君と無事合流!
ここより二人旅となります。
「で!どうする?どうする?」と言いつつ、ならまちまで歩いてちょっとお茶、「よし!今西清兵衛商店で試飲して土産の酒を買おう!」と向かったがなんと「お盆休業」!(>Д<)ひゃあ!
すごすごと戻って、せっかくだからと元興寺さん見学。ちょっとだけ桔梗が残ってますね。
見学後、商店街の方へ行こうしたが「春鹿(飲み屋)もお盆休みだったりして?」と不安になる。
もし休みだったら日暮れまでの時間つぶしに軽く一杯の素敵計画がぁぁ!!と確認に店の前まで行くと、ちょっと早めなのに既に開店しているじゃありませんか♪
やたー!!このまま入っちゃえい♪というわけで、日暮れ待ちの「軽く一杯」は無事実現。
しかしここで長っ尻になっては元も子もない!
posted by K条 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春日大社万灯籠

DSC_0981.jpgDSC_0985.jpgDSC_0983.jpgDSC_0992.jpgDSC_1000.jpgDSC_1006.jpgDSC_1008.jpgDSC_1010.jpgDSC_1012.jpg本日の夜間行事は春日大社万灯籠、大仏殿の万燈供養会、大文字焼きの3点セット♪
6時過ぎには店をでて、よしだやへ出店している「フルコト」さんのショップを覗いてから春日大社へ。
昨日より遅めなので参道を歩いているうちに、かなり暗くなってきた。
参道の途中で提灯を購入、火を入れて頂く。
真っ暗な参道を提灯の灯りをたよりにぼんやり明るい石灯籠の間の道を本殿まで。
参道両側の石灯籠は窓が紙で覆われているので、薄ぼんやりしていて、参道はほぼ真っ暗!
ほぼ暗闇の中を進んで行く感じ、提灯買って良かった!
電気の無い時代ってこんなに暗かったのね?真っ暗だと提灯の灯りってこんなに明るいのね♪でも、足元もまわりもほぼ見えないや!
春日大社は、昨日に比べると心持ち空いている♪昨日あんなに並んでいた回廊にもほぼスルーで入れました。(^-^)
火の付いた提灯を持ちこんじゃまずくない?と思っていたら、見事に回廊に入る手前で二つとも消えました!
凄い!ちゃんと蝋燭の大きさが計算されているのでしょうか?
「止まらないでください」言われつつ、並んで回廊を歩きますが、ずらりと並んだ火のはいった吊灯篭は壮観、綺麗ですなあ。(*-*)♪
参道の石灯籠が約千基、吊灯篭も約千基、万灯籠と言いますが、合わせて二千基なんですねぇ。へええ。
境内では演奏会が開かれていて、津軽三味線からバイオリンまで次々に演奏されてます。
灯篭を堪能した後は、再び巫女さんにお願いして、提灯に火を入れて頂いて、東大寺方面へ。
因みにこの蝋燭も東大寺到着で、ちょうど燃え尽きました。お見事!!

posted by K条 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大仏殿万灯籠

DSC_1015.jpgDSC_1019.jpgDSC_1018.jpgDSC_1014.jpg今日は無料ではありませんが、東大寺も万灯籠なんです。
今日だけなので見ておかないとね♪
原始林を抜け、春日野園地あたりで若草山の大文字が見えないかときょろきょろしつつ進みますが、見えない!(><)!
どっからでも見えるじゃろと思ってたわしらが甘かった!見える場所をチェックしておきべきでした!
結局、大文字見えずに大仏殿へ到着。
昨日は正面から入れましたが、今日は拝観料はらって回廊の脇からはいります。
おおお!すんげー!東大寺は中央の通路から大仏殿正面、左右の回廊と四角い灯籠が無数に並べられております。
約二千五百の灯龍、一つの灯籠に蝋燭が4つ入っているから、一万の灯りなんですって♪
大仏殿の窓から、大仏様も覗いてまする。
きょろきょろしながら回廊を歩いていたら、木の間にほんのちょっとだけ「大文字」が見える場所も発見しました!!
大文字は残念ですが、それでもちょっとだけ見たし、今晩も夜の目的はほぼ果たし、鳥専門の居酒屋で乾杯!!
今日も炎天下、一日よく歩いた!!今晩も爆睡だ!(^○^)
posted by K条 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近況報告的な・・・(^−^)

今月は入門塾もなく、暇??と思いましたが、次回公演の人形つくりのお手伝いに通ってます。
他の塾生の方や、卒業生の方も入れ替わり立ち代わり、衣装縫い作業や素材の着物を解体し洗い、アイロンをかける、人形の髪の素材をほぐす、素材を取った後の着物を片づける等々、猫の手でも結構お役立ち♪
既に稽古場では連日の稽古が行われてますので少しでも早く人形や道具を揃えねばなりませんものね。
とはいえ・・頭の作成や、糸の調整とかは出来ませんので、とにかく縫い物、休日も昼前後に入って夜までずーっと縫い物してます。
ただ、自分が行かれる日に、その日に出来る作業をしているので流れ作業になって一枚の衣装を一人で仕上げるまではなかなかできません。
途中でバトンタッチして入れ替わることが多いです。
それでもK条、白衣6枚、ジャケット、ロングスカート、ペチコート、その他袖の部品等々。
へへへ!!(*−*)V♪
人形の衣装は基本が手縫いなんだそうです。
ミシンだと硬くなって人形の動きの妨げになっちゃうそうなんですよ、繊細ですなあ。
人間だったら布用ボンド(笑)って手もありますが、もーっと硬くなっちゃうから以ての外でしょうな。
ただし、目刺し君(一度に何体も動かす人形達)は繊細な動きはしないので衣装はミシン縫いOK!
大量生産!因みに劇中の白衣の目刺し君たちの白衣はほぼK条作ですぞ!(えへん!)
目の前では特殊な動きをする人形の仕掛け作る相談をしたり、作りたての頭に丁寧に髪の毛が植え込む作業がされてます。
結髪というのでしょうか??頭作り♪自分も凄くやってみたいなあ♪って思います。(^-^)
縫い物しつつ、そんな作業がすぐ近くで見られるし、いろいろな知識が増えて勉強になります。
しかし座員の方々は朝から晩まで稽古場に詰めて、稽古時間以外はずっーと作業。
人間の衣装や装置は他の人に頼むこともできますが、人形や人形が遣う小物は、人形遣い自身が一つ一つ手作りするのです。
人形遣いって、演じるだけでなく、ある意味人形つくりの職人でもあるんですねぇ。
とにかく稽古で必要な人形から優先して作っていきます。人形を作り終わらないと稽古に専念することも出来ないんですね。
まともな食事もされてない方もいるようで見かねた塾の卒業生が、昼ご飯を作って振る舞ってくださったりもしてます。
わしらもしっかりご相伴にあずかりました♪現場での手作りご飯は美味い♪
わしらお手伝いはとにかく無理しない範囲で!と何度も言って頂いていますが、作業は楽しいし、座員の方の消耗具合を見ていると出来る事はやらねば!って気になります。
きっと他の塾生の方も同じなんだと思います。K条を含め4人ほどがほぼ入れ替わり立ち代わり作業場に詰めて作業してます。
少しでも早く、作業を終わって皆さんが稽古だけに集中できるよう塾生も頑張ってます!!(^0^)
posted by K条 at 11:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

小山田さんお酒リスト♪

DSC_0752.jpgDSC_0754.jpgDSC_0755.jpgDSC_0757.jpgDSC_0759.jpgDSC_0760.jpg小山田さんでお誕生日して頂いた時のお酒♪おっきな狐のいしり焼きは大将からのバースデーケーキ♪(*^▽^)/★*☆♪
posted by K条 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

作業続き・・。

平日は夕方から稽古が入っていると、仕事終了後に到着するK条は勝手に入り込んで三階の作業場へ上がって、伝言に記載されている作業をします。(^-^)
ある日の作業依頼は町子さんのお布団作り、「半七・・」の時のお布団に別布でカバーをかける。
作業の下準備していると座員のTさんが稽古の合間にわざわざ上がって来て、コーヒーと梨・・いや有の実を差し入れて下さいました。
さあ、がんばろー!

まずは用意されている布の柄合せをしてミシンで縫い合わせる。出来た♪
・・・ん!(=Д=)まてまて裏と表を合わせて縫っちゃったんじゃないかい??
右と左、微妙に色がちがう気がするぞ?ま、まさか気のせい?
・・・じー!!(@Д@;ゞ・・いや違う!絶対違う!微妙に緑の部分の色が違う!げろげろ!!
気を付けていたつもりだったのですが、あまりに微妙な色の差だったんで、気付かず裏と表を縫い合わせてしまった。
駄目じゃん!泣く泣く糸きり鋏でシコシコと全部ほどく!
再度、柄を合わせて待ち針で止めて、よし!色はあってる・・・・ん?
ちがーう!中表になってないぞ!!ぎゃくだって!これで縫ったら裏返しだ!(>0<)
待ち針をはずして、再び今度はちゃんと中表!!よし♪さあ、縫うぞ!!
ミシンで一気にダカダカダカ〜!出来たー♪(^0^)!!
はずしたら・・・縫い合わさってない!びろーんと離れちゃった!!(=Д=;
なんでー!って思ったら、いつの間にか下糸が無くなってる。(爆)
で、どこまでつながってるの?・・・1センチしかつながってないやんけ。(T−T)
気を取り直して下糸を巻き、柄を合わせ待ち針で止め、もう一度!!
三度目の正直!今度こそ繋がりました。
だいぶ時間のロスがありましたが、後は手縫いで全体の様子を見ながらせっせと縫い付ける♪
後1センチで完成というところで稽古が終了したらしく、Yさんが上がってきました。
ちょうど出来上がったお布団を渡すと「わあ♪明日からお布団使って稽古が出来ますぅ♪」と嬉しそうに稽古場に運んでいきました。
喜んでもらえると何だか嬉しいね。(^-^)まだまだ作業あるようなので、週末も行きましょう。

さて週末です。到着すると、今日は1階の稽古場で作業とのこと。
大量の人形がゲニ掛けに下がっております。
作業はね、人形の頭に合せて、えんこ(手)やげそ(足)の塗り直し。
水性の塗料が縫ってある子は、まずお湯で綺麗に塗料をふき取ってから、顔の色に合せて絵具を調合して塗ります。
既に衣装を着けてる人形達なので、衣装を汚さないように紙やテープでマスキング。
糸に塗料が付くと動かしにくくなるので、つかないように引っ張りながら注意して塗らなばなりません。
絵具も調合も任されちゃったので責任重大!乾くと色がかわるからなぁ。
一緒に作業していたUちゃんが「衣装つける前に塗らないんですか?」と素朴な質問してました。(^-^;ゞ
本来それが楽だし絵具を飛ばす心配がないんですが、稽古と並行作業で必要な人形から作ったりしてますしね。
頭は今回、宇野さんが書きながら修正されたりするので色もかわってるようですし、現実的には厳しいんですね。
しかし、げに掛けの下で塗装していると背後を十二代目さんが「くそぉ台詞がはいらねー!」とぶつぶつ言いながら行ったり来たりしてたり、C先生がイヤホンで曲聞きながら無意識に声出して歌ってて「え?私声出してた?うそぉ!」とか。(笑)
仕掛けのある人形を実際に動かして実験したり。
これは稽古場でしか見られませんね・・・って、呑気に眺めてる暇はないけど。(^-^;ゞ
プロでもアマチュアでも、現場の人間模様は同じですね。
(以前人形遣いは台詞覚えないと立ち稽古出来ないと書きましたが、「実はね・・超ベテランのT・Jさんは手板に台本載せて稽古しているの。しかも、台本見てても人形はちゃんと動いてて視線だって決まってる!!神業!」だそうです。それ、凄く見たいぞっと。)

1階の稽古場では合わせて大道具さんが装置も作成されてますので、人形を作業しやすい場所に移動できないこともあります。
舞台奥の装置の下にかけてある人形は、作業スペースに持ち出すことが出来ないので、製作中の装置の下に潜り込み、そこで作業。(^-^)
ま、こういう事はなれてますから♪装置作成の邪魔にならないように、塗料をこぼさないようにこっそり出入り。舞台裏空間は好きなので、苦にはなりませんし、プロの大道具のお仕事を眺めつつ、イントレの間を行ったり来たり♪とはいえ、色塗りにはちょっと暗いのが難点ですが。
やってもやっても作業が出てくるのが現場です、作業しつつも若手の方々はチームで動くシーンの自主稽古したり、道具の出掃けの打合せ。

K条、最後の作業は髑髏わんこのベース塗装(耳ついててキモカワ♪)、全身骨格なんで塗っても縫っても終わらない!!わんこのまわりをぐるぐる回遊しつつ、上から下から横から塗りまくってました。
とりあえず全体を塗り終わり、お先に帰ってきました。
おそらくこれでお手伝い作業は終了かな??
結構通いましたが、興味があることなので楽しみました♪(^-^)
製作にかかわった人形達が本番で動いていたらもっと楽しいに違いない♪
posted by K条 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする