2014年08月11日

人形概論1・2

ちょっと飛びます。
特別講師の先陣を切って2回の講義をしてくださったのが、元十一代目、T先生の講義!
エキストラでもご一緒しましたのに、稽古場でお会いすると、こんなに小柄な方だったかしら?と思います。
大学で演劇論の講義もされていたとのことで、人形芝居というより、演劇の起源からのお話です。
(@-@)反閇や説教節のお話、宗教と人形芝居のつながり等々・・能や歌舞伎のお話と絡めての講義です。
本地物、説教節とはなんぞや?日本の演劇のルーツ、神との関わり、大和民族と薩摩隼人、神と芸能・・・etc。
二日目はわざわざ、ご自分の三番叟の人形を持参くださって、実際に動かして見せてくださいました。
(実はバスがご一緒だったので、「大きなお荷物ですね?」なんて何気なく聞いちゃってたんです。そしたら、何にも答えて下さらなかったので、聞いちゃいけなかったの?なんて思ってたのですが、種明かしはこれでしたか!)(^-^)♫
百聞は一見に如かずとは、まさにこのこと?
ゆっくりと歩み始める人形!殺陣で空気感をもって相手を押す!っちゅー稽古しましたが、ゆっくりすり足で歩く人形の前に大きな空気の塊が見えるのです!嘘じゃありません、全員が確かに圧を感じてました!それをぐぐぐぐっと押すようにゆっくりと進む・・・。
(@0@)!あれ?反閇を踏む人形の足!人形の足首は曲がらないはずなのに、曲がって見える!
そして、おもむろにすうっと手を上げる・・えんこは袖の中で見えないのに、動きはじめ、動き終わりで、張りのある着物の袖の中で腕が動いているのが、わかる!!・・気がするのです。
げそも同じですが、時差ってこのことかぁ。(*-*)ほえー。
眼球が動かないのに動いて見える!ってか自分見られてる!
確かに人形の動きで空気が変わり結界が出来ている!!ほんと!
初回に、糸から人形に伝わるまでの時間差のお話をされてましたが、実際に見る三番叟の人形は通常より糸が長い!その表面から見えない部分の時間を伝える為、関節の動きを柔らかく見せる為に長くしていらっしゃるそうです・・・・って、駄目だぁぁ!
文章にすると陳腐な表現で美味い言葉が見つかりません!!
(>0<)書けば書くほど違っちゃうからやめとこう!
見た人間にしかわからないニュアンス!「塾生は見た!(爆)」これこそ塾生だけの特権ですな。
皆さん、自主的に一番見える位置に移動!折り重なって凝視して、感嘆の溜息ついてました。
早々、手板を持つ左手を上げて「手のひらに自分の心臓を乗せる意識をしてごらん。」その手に手板を乗せて、自分の心臓の動きを人形に伝えることを教わりました。
実際にやってみせてくださいました。動いていないのに人形が呼吸を始める瞬間がある!ドキドキ♪
意識改革したら自分たちが人形使ってもまた違ったものになれるのでしょうか?
日本の伝統芸能、奥深すぎますなあ!!
とにかく次回の稽古まで忘れないで、自分なりに真似っこ・・というか盗めるものなら、ほんのちょっとの欠片でも盗めますように!!(>0<)おー!
posted by K条 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

チームプレーからエチュード

基本の稽古と、新しい事、教えて下さる先生によって毎回稽古バリエーションが変わります。
10月公演の人形の準備でばたばたしているのにありがたいですね!
行くたびに稽古場に新しい人形たちが増えていって見るのも楽しみです。

直立からぐらーっと前に倒れ・・・そうになって右足をひょっと出して、止める。
自分でやってみると、そんなに体が斜めになる前に、足出さないと倒れますよね、でもってそんなに足を上にはあげない。
でも!倒れそうになってすっと地面すれすれで足を出すことが出来ない!
地面とぶつかって、もとにあるはずの左足も出した右足も乱れてしまう!タイミングたつかめない!
そのまま、ばったりと倒れるなんて言う動きも、全員が輪になって「前にバタバタバター!」「後ろにバタバタバター!」(笑)
丁寧にでも頭が回らないようにすばやく思い切りよく・・そして、お互いにタイミングも乱さないチームワーク。
人形で1mウォーキングなんてのもやってます。人間のダイエットの運動法なんです♪ま、人形は痩せないけどね。(笑)
前に四歩、後ろに四歩、右に四歩、左に四歩、右前に踏み出し戻る、左前に踏み出し戻る♪
リズムにのって続けてタイミングよく、もちろん人形が乱れることなく自分が動いている時をイメージして生き生きと!!
人形で踊っている気分♪
自宅で自分でダイエットがてらシュミレーションして動くのも良いかも♪もしも痩せたら一石二鳥だよん♪(^-^)

そうそう、ロープ貼って高さを変えて飛ぶだけでなく、跨ぐ!なんて言う事もやってみましたよ。
跳び越えるにしても、人間だったら跳び越える物の高さと自分のジャンプ力によって踏み切る位置を変えたりしますよね。
跨ぐ時も、ロープが高くなったらどうやって足をあげるかな?とか、残った左足を紐に引っかからないようにするにはどうしようか?
あれこれ考える。

稽古中にふとA先生が「K条君、その人形になってから微妙に浮くんだよね。」と。
えー!!(○-○;
「この人形のげその重さのせいかな?前の人形の時はそんなこと無かったのに。」
自分ではちゃんと足で地面をとらえている「つもり」・・だったので、「つもり」だけだったのかと「つもり違い」に、がびーん!
人形が変わったからって、言い訳にはなりません。
とはいえ、足踏み後退でもげそ浮いてる!・・らしい。
手板もC先生から、「手板の前を下げる変な癖がつけたな!」と指摘もされていたので、気を付けていたつもりが、今度は逆に前が上がり、更に右がちょっと下がる!! ・・らしい。(T-T)
秋の公演に出演されるT先生の息子さんが稽古場にいらしていて、マジッと見て下さってるな・・と思ったら、気になったらしく何回も治して頂いちゃいました。
しかも、この微妙に斜めな感じが、なかなか自分でわかりにくい!自分で曲がっている!とわからないと治らないんだよぉ!
「・・・らしい。」じゃだめなのよー!(>0<)/)))
いやいや、以前C先生が、頭が曲がりやすいとか、膝が曲がりにくい人形に当たった人に「そういう人形に当たったことをラッキーだ♪と思って稽古しなさい。」と仰ってましたが、まさにそうです!
人間のあらゆる動きをを人間に置き換えたらどうなるか、人形の曲がらない足首を自然に見せるにはどう動くか。
教えて頂くだけでなく、そろそろ人形の構造から自分でも考えないと。(*-*)テーマは尽きません。ふーむ。
しかし糸操り、さすがに380年の伝統芸能なのです!やればやるほど難しいのだ。

土曜日、十二代目さんとI先生です。
基本の後は早速、稽古場中央に箱馬を置き、見つけて走り寄って、えんこの糸を二本もって両手で箱を触って確認してまた立ち去る。
この基本の仕草に各自、いろいろな設定を考えて動きます。
両手を上げて「えいえい!」と箱を叩く動作をする人が多いのですが、「その動作、自分がやってごらん、変だろ?」と。
人形だとやりやすい(動かしやすい部分)から安易にやってしまう動きでも、人間の動作としてはリアリティがない。
実際に自分がそれくらいの大きさのものを目の前にしたらどうやって触るか・・・なでる?叩く?押す?
無造作に触るのか、おそるおそる触るのか・・・。

後半は更にバージョンアップ!
一人が箱に走り寄り、反対側に待機している相棒に声をかけて呼び寄せ、二人で箱を間にひとしきり会話して退場。
当然、会話しつつ動くので人形遣いは客席を意識して体を捌かねばなりませぬ。もう、こうなると完全に芝居!エチュード!(@-@)♪
最初の呼びかけから声の方向、距離、声量などの指導が入ります♪
K条、最初の相棒はSoさん、年配の方ですが、ちょいと芝居っ気のある方なので、呼ばれた時に「行かない!」って抵抗してみる。(笑)
さらに二回目は私が呼ぶ方だったので、箱のまわりを大騒ぎしながら走り回り、Soさんの興味を引くように呼んでみる。
人形の顔(大旦那)がえらそうなので、なんとなく演技も態度でかい(笑)。(K条のキャラではない。)
そして最後は若手人形遣いのSrさんと組んだので、あれこれ試みる。
箱を開けるというので、「危ないかも知れないからお前一人で開けろ。わしはちょっと離れて見てる。」と、ワザと遠巻きに・・。
「わ!」とか「お!」とか言う反応が返ってきたら、すたこらと置き去りにして逃げ去ろうと思って待ち構えるが!!
帰ってきた反応は「・・・あかない。(−−)」
(−Дー;がびーん!そうきちゃったのか。
結局、収集つかず無理やり退場しましたが、なんか閉まらない幕切れになっちまったい!
エチュードで予定調和企んでもは無理ですな。

どうしてもぶっつけのエチュードは押し出そうとして声も演技も無理やりの一本調子になります。
もっと遊びというか、力を抜く、引くところを作れと十二代目さんが実際に演じて見せて下さいましたが、人形の動きも考えねばならんし、相手もいるし、とにかく上手くいかないっす。
そして両方のえんこの糸を持とうとすると、人形が下がってしまったり、ぐらついたり。
とにかく手板を固定して左側の糸に手を伸ばす方法を考えなくては左右同時に使うたびに、くずれちゃう。
さらに相手に頭を振る時も、頭だけでなく、人形の身体ごと向けて頭を振ると、人形の視界(見ているように見える範囲)が広くなって相手をとらえやすくなるそうです。首だけ無理やり捻るより下半身も安定しますしね。
ふーむ!メモメモ!!
自分演技下手糞!!大根K条也。(−−;ゞ
次の機会にチャレンジしてみるのだ!
posted by K条 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

休み前の最終稽古にて

お盆休みがあったので、ちょっと間が空きました。
週三日稽古があると、一週間あくと凄〜く空いた気になります。
稽古場はその間にも10月公演の人形がどんどん増えてます。
デザイン画もはられていて、あんな人形やこんな人形が!!
見ている私らはワクワクですが、製作に追われている座員の方々は「ここの所、こんなことばっかりよ。(−−;ゞ」とぼやいてます。
凄い数の人形が新調されてます。8月中に作り上げないと稽古できませんものね。
縫い物得意のUちゃんは衣装縫製のお手伝いで大活躍している模様!!
わしも小道具や頭を作るのやってみたいなあ・・・とか思うのだが・・。

さて、時間になると先生は作業をやめて、わしらの稽古をつけてくださいます。
ここのところ、稽古は中盤から後半は殆どがエチュード的な稽古。
「表現する。」「声を出す。」の二点のポイントが大きくなってきています。
歌を人形で表現して見ている人が曲を当てて見たり、歌詞から想像を膨らませて、ちょっとドラマ仕立てに作ったり。
先生から突然「そこで泣いて!」「お互いにハグ!」なんて動きの追加指示が入りますが、ひー!咄嗟にどの糸をとってどう動くかがまだまだ出来ない!(><)

以前からやってる箱馬を利用して、走って登って呼んでお互いに会話してというのもやりますよん。
もちろん全部即興です。
走り寄って登るだけでも、ネタを考えてるとあっという間にげそが疎かになります。
「基本稽古でやってることがなぜできなくなる!新しい事するのにいちいち基本を忘れない!」
「前回、指摘されたことを一つでも治すこと!積み重ねていかないと稽古の意味が無い!」
と言われますが、それでも走り寄るのに、げそがバラつき、台に登るのに、台や、登る足を咄嗟に意識するのを忘れる。
人間の芝居だったら走るのに足の左右の高さを揃えなきゃとか、登る台や上げる方の足をわざわざ意識するなんてしません!でも人は無意識でもちゃんと視界にいれたりと意識してるんです。
でも、人形はちゃんと頭や手足を動かして意識してる風にみせないと不自然になる!顔がそっぽ向いたまま台に上るなんて人間は普通やらない(出来ない)でも人形はそれでも登れちゃうから、やっちゃう!足がぐちゃぐちゃだと人間は立てないけど、人形は吊っててげそが明後日の方向いてても立てちゃうから気付かない!!平気でやってしまう。
それが出来ていての演技なのですね。

会話するのにも「声の方向、距離感。」「会話相手だけでなく客を意識する。」なんて芝居で当たり前にやってきたことが、人形を通してやろうとするとなかなかできない!
「K条どうした?声もっとでるだろ!」とも・・はい、でもボリュームだけ上げると何時もの自分の台詞になって人形の台詞にならない気がするぅ・・・。(@○@;どうしたものか??
はたしてどんな方向性を持ったらこの人(人形)が話しているように見えるのか??意志をもって動いているように見えるのか?そこんところがわからない!
二回目に「よ!」と軽く反動つけて台にあがったら「誰もやってなかったけど、そういうちょっとした仕草で人形が生きて見える。そういう事を忘れちゃ駄目なんだ。」
そーかあ、今回は自分、何気なくやったけど、まだまだ指摘されないと気付けない。
予め大旦那の設定とかシュチエーションをあれこれ考えておいたら、焦らずにもう少しはましになるだろうか?
とはいえ、発想が貧困なのに即興だから大体予定外の展開になっちゃって頭グルグルしちゃうからなあ。
日々チャレンジ!精進が必要です。・・・人形って絶対ボケ防止になると思う!(爆)

そしてこの後、土曜日に2コマ、そろそろ体重移動しつつ前進するという、歩くの前段階に入ってきました。
足踏みみたいに大きく足を上にあげず、軸足に体重をのせつつ逆をすっと出し、次は出した足に体重を移動、手板を上に引き上げて、そくで立つ。これの連続。歩く前にこれをマスターせねばなりません!
ついつい足踏みの癖で足をガンと上げがちですが、それをやっちゃうと行進してるみたいになって普通の歩き方にはならないんです。あくまで人間ですからさりげなく省エネで動きます。(*-*)去年もやったけど足の上げ具合が難しいっすね。
しかもまだ歩く前段階ですから、ショートカットは禁物!一つ一つ流れ体重の移動を確認しながら前進します。これを続けるのは相当集中力がいるのです。
そして稽古の最後は思い切り長く「おーーーーーーい!」と大声で叫びつつ小走りで稽古場を1往復、1.5往復!ゼイゼイ!次回は2往復目指すぞ!!久しぶりに義太夫も教えて頂いて必死に声を出しました!!ふうう!ちょっとはましになったかな?
次回も・・・って思いましたが実は、今回で稽古はしばらくお休みとなります。
10月公演の準備と、稽古で座員の方々が超多忙になるから。10月の初旬までお休みなんです。
9月は稽古少ないと聞いてましたが、全くなくなるとは思わず・・・しかも今日が最後だなんて。
がーん!ひと月以上お休みなの??(T−T)寂しいよおお!稽古したいよお!!
なんだかぽかんと穴が開いちゃう。
でも、本番の公演が最優先ですものね!塾生はちょっとの間、がまんがまん!!
この記録も一旦お休みしましょう。
来月稽古が始まったらまた書こうっと!!

10月の稽古開始は特別授業の「芝居作り」からの予定です。(^-^)
posted by K条 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

盆の京都・島原

DSC_0748.jpgDSC_0760.jpgDSC_0770.jpgDSC_0773.jpgDSC_0774.jpgDSC_0775.jpgDSC_0779.jpg毎度おなじみ奈良旅行です。一年にほぼ2回くらいのペースでしょうか?良く行くね言われますが、通ってます。
今年は初めてお盆に休めたので、混んでるのを承知で、なら燈花会プラス春日大社万灯籠の夜間行事が目的で出掛けました。
お盆期間中、ずっと雨予報なんだけど、雨で行事が中止になったらなんとしよ・・と思いつつも出発。
初日は京都泊、昼に到着。
単にお気に入りのイタリアンで夕食を食べたかっただけなので「さて?京都で何する?(*-*)」。
検索したら10年ぶりに島原の「輪違屋」が見学できるらしいというので、島原へ。
「角屋」と「輪違屋」を見学。
「輪違屋」は1階は近藤さんの書が、二階は桂さんの書が飾られてました。
1階は写真OKだそうなので近藤さんの書だけ写真撮れました。
2階の部屋は宣伝に使われている「傘の間」とか「紅葉の間」、狭いけど内装が凝ってます。
通常は「観覧謝絶」です・・・しかし「観覧謝絶」って、なんか他に書きようないのかなぁ?
太夫と花魁の違いとか置屋と上屋の違いとか、花街と遊郭の違いとか説明してくれましたが、「一緒にしないでおくれやす。」的な上から目線?・・って感じるのは、東の人間の僻み?(笑)
さ〜て、次に行く場所を考えていないので、近くのバス停からとりあえず来たバスに乗ってみよう!ところでどこ行くのだ?このバス。(爆)・・・あ、四条大宮だ!じゃ、わからない所へ連れて行かれる前に降りよう。
次は無難に祇園方面のバスに乗り換え・・・と途中また思いついて「四条高倉」で降りちゃう。ここなら錦市場が近いはず♪そんでもって三条のホテルまで歩けるはず♪
錦市場を物色しつつ、甘味も頂き、買い食いもして、三条のホテルへ早めチェックイン。
ホテルは三条、祇園も八坂さんも高台寺、清水寺だって根性出せば歩けます。
新しく出来たビジネスホテルでお値段お手頃の割にベッドも大きいし、アメニティもそろってる、フロントのお姉さんも感じ良い。お!明かりが間接照明でなくて蛍光灯だ♪これは嬉しい♪よーし!ここを当分定宿にしよう♪と勝手に心に決めるのであった。
部屋で一息いれて、夕飯までは祇園あたりまで散歩してのんびりと店の物色でもするか♪
posted by K条 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆の京都・美味しいもん

DSC_0780.jpgDSC_0781.jpgDSC_0784.jpgDSC_0785.jpgDSC_0786.jpg夕飯のイタリアンは宿の近所♪そのために三条に一泊することにしたんだもん♪
マスターに「前回はこの辺の席に座ってらっしゃいましたよね。(^-^)」と言われてちょっと嬉しい♪
一人客が珍しいってことも無いと思うのだけど覚えてるんだぁ、人気店なのに流石に客商売の人は凄いなあ♪人の顔の区別がつかないK条は客商売出来ないなり。(爆)
量やトッピング、アレンジを聞いてくれて、しめのパスタも30gだけ♪(10gから作ってくれるって♪)
食べたいものを食べたいだけ頂いて満足満足♪
posted by K条 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆の京都・夜間拝観

DSC_0791.jpgDSC_0794.jpgDSC_0799.jpgDSC_0805.jpgDSC_0822.jpgDSC_0821.jpgDSC_0815.jpg夕食後は高台寺で夜間拝観をやってるはずと腹ごなしに出かける。
高台寺は夜間拝観に「百鬼夜行展」、庭にはプロジェクションマッピング?って言って良いのかわからんが、妖怪がひらひら映ってる。
風が無くて夜になっても、蒸し暑いけど、その分、池に移ったライトアップは美しいっすな。(^-^)
posted by K条 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆の京都・東福寺

DSC_0824.jpgDSC_0829.jpgDSC_0843.jpgDSC_0853.jpg翌朝は近所のパン屋でモーニング♪東福寺を見てから奈良に向かいます。
季節的に蓮も桔梗も終わり、人も少ないし青紅葉のお庭をぼんやり眺めるのみ・・そのうち小雨が降りだしました。
さて、ゆっくり奈良へ向いましょう。
posted by K条 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆の奈良、美味いもん

DSC_0856.jpgDSC_0857.jpgDSC_0859.jpgDSC_0860.jpgDSC_0865.jpgDSC_0867.jpg奈良へ着くといきなり良い天気♪
これならレンタルちゃりいける!!ホテルに荷物預けて、夜まで借りられるレンタルちゃりの店へ。
24時間以内借りっぱなしで電動自転車が1200円♪釣りが無いからと1000円に負けて貰ってらんらん出発!
とはいえ、天気がよくなりゃ日差しも暑さも凄い!!
でもね、今日は一度行ってみたかった人気の大和野菜のお店のランチを予約してあるのです♪
さあ!食べるぞーっと一目散にお店へ、小さな入口ですが、町屋は奥が深い。
二階へ通され、昼から贅沢三昧のヘルシーランチ♪
お酒もいきたいところではありますが、今日は夜がメインの行事なのでお茶にしました。
珍しい大和野菜、綺麗な野菜と盛りだくさん♪ほとんど本店の畑で作っているそうです。
前菜も野菜づくし、調理前の生野菜も運んできてくれて、「これが、これです。」みたいな説明もしてくれて面白い。
なんて色とりどりで綺麗な野菜達なんでしょ♪(*^-^*)
デザートのシャーベットもきゅうりなんです♪きゅうり味でも美味しい♪
予約がなかなか取れない人気店なのもうなづけます。
一人客なのにちゃんとテーブルに案内してくれて、ゆっくり食事できました。
奮発して大和牛もついてるコースにしたので、おなか一杯。
今日も満足満足♪って今回食べてばっかりですな。
でも、予約出来たらここもまた来ようっと♪
食事後はならまちでお買い物して、一度ホテルへチェックインに戻ります。
日暮れまで休憩して、なるべく身軽になって、いざ!!出陣。

posted by K条 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆の奈良、夕刻の万灯籠

DSC_0872.jpgDSC_0874.jpgDSC_0875.jpgDSC_0877.jpgDSC_0885.jpgDSC_0886.jpgDSC_0905.jpgDSC_0906.jpg今日の夜間イベントはここのところ毎年のように来ている「なら燈花会」プラスお盆にしかやってない「春日大社万灯篭」。
東大寺大仏殿も夜間無料拝観なので覗きに行きましょう!
まずはちゃりで人波を避けつつ春日大社へ向います。とりあえず日暮れてもわかりやすそうな二の鳥居あたりに自転車止めて徒歩で向かう。
暗くなる前に春日大社へ到着。まだ薄明るいので石の灯篭の灯りはほんのりついているかいないかって感じ。
吊灯篭の回廊に入りたい人達が結構ならんでますな。明日はS野君と来る予定なので今日は外から様子を伺うだけにしました。
鹿御籤も限定白鹿バージョン♪これは引くでしょう!(@0@)♪おおおお!大吉!ラッキー!
持ち帰って自宅の鹿御籤の群れに加えましょう。明日に楽しみを残し、春日大社を後に、「なら燈花会」へ向います。
この頃には日もとっぷり暮れて、良い感じに明かりが・・・って、わお!思ったより真っ暗!自転車どこー!
春日大社の原始林の暗闇の中でやっと自転車発見!ふうう。
posted by K条 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎度の灯花会&大仏殿

DSC_0908.jpgDSC_0910.jpgDSC_0912.jpgDSC_0915.jpgDSC_0918.jpgDSC_0929.jpgさて、奈良公園の燈花会は何処から見よう?
げ!「なら燈花会」は今日が最終日とあってすんごい人出。
こりゃ自転車は危険と博物館裏の茶屋の脇の明るい所を選んで自転車を置いて再び歩く。
なんだか自転車が邪魔になり、一寸後悔・・・いちいち取りにもどるのが面倒くさい。
しかしあの広い奈良公園に足の踏み場もないほどの人、人、明かり、そして鹿(笑)。浮見堂の方から見て回ろうとしたが、池を渡る場所で並んでる!(><)
待つのイヤ!と引き返して浮雲園地だけ見学して、自転車を移動して春日野園地へ。
こちらも例年になく混雑してますね、それでも今年も「一客一灯」をして、いつものコースを歩いてみる。
夜も深け、お腹空いてきたので、とりあえず並んでない屋台のキュウリの一本漬け買って空腹をごまかしつつ、東大寺へ。東大寺も、拝観無料ってことでにぎわってます。
一応境内まで行ったものの、人波に大仏殿の中まで行く気力を失いすごすごと引き上げてきました。
今日はもう帰ろうと自転車を返しに近鉄方向に行こうとしましたが一足遅かった!
9時近くなりますと、皆さんぞろぞろと駅へ向って移動初めます。
人波を避けつつ歩いたり乗ったり、やっと近鉄奈良駅に到着、自転車を返して、途中で食事する場所もなく歩いて帰ったのでした。
一応JR奈良駅の下のスーパーがまだ開いていたので、惣菜と缶酎ハイなんぞを少し買ってホテルへ戻ったものの、シャワー浴びたらベッドで爆睡してました。(^-^;ゞ
お昼たっぷり食べたからよしとしよう。
posted by K条 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする