2013年09月10日

19回目

土曜日
人形のみで2コマ連続稽古、私は初めてです。
前半と後半で先生がチェンジされたので、稽古もちょっと違った感じです。
内容は両方とも小走りメインではあるのですが、ただ走るだけでなく、走っていって止まるまで。
走って来ていきなり止まるとどういう動きになるのか?重心はどうなるのか?
自分なりに速度を変えたり、足の上げ方や歩幅を変えたりといろいろやってみる。
さらにはなぜ彼は走ってるのか?なぜそこで止まったのか?
走る時もちょいの糸を引いて顔を少し前にだし行こうとする意志を表現する・・とかとか。
人形を動かすから、人形を使うへ。(*−*)ふーむ、細かくなってきた。
たとえ出来てなくても、先生側から見ていれば何かをしようとしている意志は伝わってるから、ただ機械的に同じことを繰り返さない!とのこと、わーお!
基本はあるけれど人それぞれ手の大きさも違うから一番その人に向いた手板の持ち方やたたらの動かし方の微妙な違いは自分で工夫するしかないそうです。
2コマ目にはさらに、一人の主役を決めて、その人を中心に全員が周りを小走りで移動しなからすれ違いつつ挨拶したり、立ち止まって声をかけたり。
また主役の立ち位置を意識しつつ動いて行ってとまり、舞台の上に空間を作るというのもやりました。
主役に対してどういう位置に陣取るか。主役との関係をどうするか、他の人の位置を見つつ動きますが全員が動いちゃうのでなかなか良い位置に決まらない。
まだまだ手や首の動きは満足に出来なくても、それでも工夫して人形に意思を持たせるように試みる!!
最初は誰かと主役の噂話している風にしてみようかと思って走り寄ったら、逃げられちゃったりしましたが
繰り返してるうちに、数人が固まって雑談風にしたり、皆でバリエーションを作れるようになってきました。
それなりに首や手の動きを使おうを頑張ってる人も!
確かに首と手も少しずつ習っているのだから言われなくても使おうとチャレンジするべきですね!!
posted by K条 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

20回目

今日からしばし人形の着せ替え、糸の付け治しの作業実習になります。
稽古場中央に数本のバーが設置され、そこに4本から6本のばん線がつられてます。
まずはばん線に各々の高さで人形をとり付けて、作業開始。
因みに着物の人形は初心者には難しいからということでチェンジで洋服の人形になります。
いままで使ってた人形とお別れするみたいで、がっかりしてる人も。
その気持ち、よくわかります。初めて使った人形には愛着がわくんですよね。
K条は先日から使わせて頂いている白シャツイケメンの兄さんを自分で使いやすいように糸を調整します。
それぞれのグループごとに先生がついてくださってて、人形の状態も一つ一つ違うので、一人一人説明して頂きつつ作業を進めていきます。
頭糸は切らずに手板から解いて人形の頭に巻いておく。
後の糸は真ん中からぶっつり!きゃー!ドキドキ!
手板に残った方の木綿の糸は解いてはずします。
かしらは胴の中にタコ糸で縛ってあるようなのですがそれを解いてかしらを外します。
人形の胴体から服を脱がせながら、人形側に残ってる糸は、解くか取れない物は根元からチョッキン!
両肩の利き糸の先には「ほぐ」と呼ばれる和紙のこよりが取り付けられていて、抜けないようになってました。
これ、貴重な紙だそうで、こよりを丁寧にほぐして籠に入れておきます。
(「反古にする」からきているそうですが、人形ではなぜか「ほぐ」というそうな。」)
K条の「ほぐ」はぎゅうぎゅうに巻かれていてめっちゃほぐし難くて手間取りました!!
でも、だからこそ糸をこよりで巻いているだけなのに取れないのでしょうね。
やわらかくて繊維が強い古紙です。文字が書いてあったので古い本だったのでしょうか?
初めて人形の中身を見ましたが、木枠の胴体にタコ糸で手足がぶらぶらついているだけです。
二の腕や太ももなど見えないところは竹のままです。
空洞の胴体は中央に鉄櫛があってここにかしらが刺さってたのですね。
かしらの首の後ろには小さな金具があって左右に動かすための糸が取り付けられています。
そこに糸を縛って脇の下のあたりに滑車のようなものを通って肩の穴から出ていたんだ・・・へえ。
胴体の中に首を動かすからくりが??あ、ゴムが入ってる!
これでちょいの糸をひいて首を前に出しても戻るのかあ・・中は良く見えないすな。(@*@)
隣のグループはこのゴムの取替えをしている人もいるようですが、K条のグループはそのまま進めます。
どの子の胴も年季が入ってます。代々、手入れをしつつ大事に使われていたのでしょうね。
古い糸は全部取り外し、新しい糸を付け始めます。
再び上着を着せ、マチ針で首の中心と肩を洋服がずれないように止めておいてから糸の取り付け作業へ。
まず肩の利き糸から、針に2本どりで糸付けて洋服の上から肩の穴を通し、新しい和紙でこよりを作って「ほぐ」にして抜けないように取り付けます。
この高さで手板の位置が決まっちゃうので先生が人形遣いの身長に合わせて結んでくださいますが、自分でも申請してちょっと短くしたり長くしたり・・。
首を左右に動かす糸も肩の別の穴から入れて胴体の中央の櫛に仮止めして、金櫛の下にはちょいの糸を付けます。
それから、かしらの首の金具に鉄櫛に仮止めしておいた糸を外して結んで、かしらを櫛に指す。
こういうと簡単そうですが糸は結び方がありましてな!
先生が何度も何度もやって見せて下さってるのになかなかわからない!(><;)
ほんとーに皆でしつこいぐらいやって頂いてやっと理解・・したつもり。
紐だけでやっていた時は出来たのにいざ金具に結ぼうとしたら、また方向が分からなくなったりして!
よってたかった大騒ぎ・・やっと出来るようになった!・・はず!!
先生が「ちょっと休憩しよ!」といっても誰も止めやしない!(笑)
もう、皆夢中で糸を付けたり結んだり!あーだ、こーだ!!やいのやいの!
先生、苦笑して途中で諦め、そのまま作業続行となりました。
ちょいの糸は勘で調整するそうで、これは全員が先生に調整して頂きます。
基本の糸がついたあたりで、一度外して自分で持ってみて高さが自分にあっているかを再確認。
自分で自分用に使いやすいように調整する!というのが今回の目標なんですもの!
自分なりにあれこれ様子をみていると、どうも兄さん足の長さがおかしい?
どしても片足が浮くんです??なぜだ??
先生に確認して頂くと、足のタコ糸が片方駄目になってることがわかりました。
足のタコ糸を取り換えて、両足がきちんと地面に着くようになりました。
気づいて治してあげられて良かったあなぁ!
兄さん両足地面にまっすぐにつけて立つようになったね、一安心!!
K条のグループはそれぞれ手先の糸を付け始めたところで時間終了となりました。
今日はあっという間だわ。
終わった後もロープをバーに結んだり解いたり・・水曜日まで覚えてないと
posted by K条 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21回目

糸付け治し作業2回目
稽古場に到着しますと、既に作業している方も。
皆で紐の結び方を何度も確認しあっているうちに開始時間となりました。
私は本日は手先の残りの一本の取り付けから開始。
手先の糸は手板の前から中央奥に向かって上からぐるりと巻きつけるように回してみて、人形の手先が肩の高さになるくらいの長さで決めます。
まず左手を手板に結び、それに合わせて右手先の糸も前方真ん中で同じ高さになるように合せてみて長さを調整して、結びます。
左に右を合わせるのが基本だそうです。
次に肘の糸。腕と服の位置がよれないようにきちんと確認してから、服越しに糸を通して肘のつなぎのタコ糸の部分に糸を括り付けます。左右同じ位置についてるかな?
左の肘の糸は手板を持つときに左手の親指にかけるので、持つ人の手の大きさに合わせて調整します。
これは先生が様子を見て調整してくださいました。
(袖の反対側や手先の糸に絡まらないよう要注意!K条袖の反対側まで糸を通してしまいやりなおしました。)
同じく右肘の糸は左に長さを合わせる・・・一度持って具合を見ましたが、持った時にぴったりと左肘の糸とちょいの糸がピンと手にはまりました!成るほど!これだとすごく動かしやすい。
・・・でも気を付けないと無意識に引っ張って肘が浮いちゃうかな?
上半身の糸が終わったら、ズボンをはかせて下半身に移ります。
ズボンとシャツの背中心を合わせてから、腰の糸を。胴体の下部に穴があるので服を通して穴を探り、糸を結びつけます。服越しに穴を探って針で糸を通すのがなかなか難儀です。Φ(。。;)))エイエイ
腰の糸は手板を前に倒しておいて長さを決めます。
さてさて、残りは足!膝と、つま糸を付けます。
膝は糸を二本どりにしてやはりズボンを通して、膝の穴に通して結び付ける。
手さぐりで探して、針を入れ・・あれ、膝の部分のぐりぐりをよけて糸を・・。
片足とおった♪・・・・とK条大失敗!!糸が短すぎちゃいました!!
これじゃ手板に結べないじゃないかい!!やりなおし、やり直し!
やでやで、完成を考えてやらんとこういうことになる!
さらに右足は穴が小さすぎて針すら穴を通らず!!ギブアップ!!
先生が針先でぎゅぎゅっと押し込んで通してくださいました。人形のメンテって器用じゃないと出来ないです。
やっとつけ終わった膝糸は前のたたらに結びますが、ここは重要!!
たたらをギュッと下げておいて左足の糸の長さを長さを決め、それに合わせて右膝を!
足踏みの足の具合がこれで決まるのですな。
膝糸を付けたら番線から外して、実際に足を動かして動きを確認して、微調整。
最後はつま先のつま糸です。右は素直に通りましたが、左足の金具がとても小さくて糸が通らん!
針で通そうと思ったが、太い針は入らない!細い針にうんうんと針を付けて自力でやっと通しました!!
これを手板に結び付けて、なんとか完成!!
人形は全て手作りのため、完全に左右同じではないので、そこをうまいこと塩梅するのがコツだそうですが、
素人にはなかなか出来るもんじゃありませんね。
折角自分に合せて調整したのですから、動きやすくなっていないと意味が無い!
後は、実際に歩いたり、小走りしたりと使ってみて、自分にとって具合が良いかを確認していきます。
わお!首を左右にふったり、ちょいを出すのだすのが楽ちんになってます♪
安定も良い気がする♪ただ・・??首がなんだか右むいちゃってる??あれれ?
これは土曜日に再調整の課題となりました。
posted by K条 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

22回目

土曜日です。
作業最終日、今日中に仕上げて調整までしないとなりません。
作業が遅れているチームはとにかく作業を進めます。
とりあえずできた人は、空いているスペースで実際に歩いたり走ったり、今まで習った糸を使ってみて具合を見ます。
K条は水曜の課題だった首の糸の具合を微調整してちゃんと正面を向くようになおしてとりあえず完成。
兄さん、他の人に比べるとちょっと頭がでかいのね。(笑)
後は調整!歩いたり走ったりするのは何だか楽になった気がする。(^-^)V
ちょいの糸を出しながら走ったり、首を左右に動かすのもちょっと楽になっているのだが!!
右を見るのは出来るのに、左を上手く向いてくれないのよん!
あ、いやこれは調整の問題ではなく、私の手の位置や動かし方上手く行ってないだけなのだが。
要するに左のたたらを上げることが上手く出来ない、左の人差し指を動かせる位置に手が行ってないのだ。
なんとか自分なりの位置を見つけようと地味に試みる。うーん!
どうしよう!ちょいの糸がもちっとだけ短いと動かしやすくなるだろうか?でもな・・・。
さらに腰糸の調子を見ようと人形の上体を前に倒すのを繰り返していたら・・・
「ぶつ!」っと嫌な音が!
(@Д@;)「げ!まさか!」と思い、兄さんのシャツをめくりあげ腰糸を確認すると見事に外れちゃってました!!
がーん!結び方が甘かったのだ!!
一度人形掛けに人形を戻して、慎重に結びなおし。
つり下がった状態で結ぶのが難しいぞ!!もぞもぞ(笑)
結びなおしたら、再び空きスペースをひたすら歩き走り止まり、体重移動もやって見る。
さらに一人で走ってとまって、きょろきょろして、テキトーな設定を作って一人人形ごっこ状態。(笑)
やはり最初に出来上がって調整していたIさんも同じく稽古場を走り回ってましたが。
ふと・・二人で「ちょっと走り疲れちゃったね。」というわけで、様子を見つつ休憩。
一息つくとまた、歩き回り、走り回る。(笑)
やがて徐々に出来上がったメンバーが増えて最終的には大人数が行ったり来たり。
全員が出来上がったところで、バーを片づけて全員で稽古場を数回往復。
「今日は皆、人形疲れだから、早めに終わりましょう!」ということで30分ほど早めに終了。
次回からは皆自分で自分用に調整して人形で稽古となります。じゃんじゃん!!
posted by K条 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23回目

今日からは自分で調整した人形にて稽古です。
歩き、走り、止まる・・そしてまわる。
ちょいの糸も使って意志を表示する。
指定された人の方に顔を向け、手で指す、等々。
自分で実際に走ってみてどういう風に止まるかを確認した後、人形を走らせてみる。
人間とは同じようにはならなくても、それをどういう風に表現するかなんです。
と考えて、信号点滅した横断歩道に向かって走っていくけど間に合わなかった・・みたいな設定を自分で考えて動いてみた。
信号変わったのに何時気が付いたのか?そこからどの位で止まるのか?(*-*)
とにかくチャレンジ!
体重移動を意識しつつ一歩ずつ前進というのも、じっくりやりました。
右足を上げて、左に体重移動してから右足を前に出す。
右足に体重を移しつつ手板をそのまま、真上に引き上げ、足を揃える。
今度は左足をあげ、・・・これを繰り返します。
足を揃えようとつい手板をねじっちゃってましたが、それはダメ!!
あくまでも手板はまっすぐまっすぐ上にあげる。
これを根気よく繰り返すのは相当集中力が入ります。
稽古場の端から端まで一歩一歩、確実に丁寧に!!
根性なしのK条、途中からぐにゃぐにゃ「K条さん最初は良いのに。」と注意を受ける。
鋭いご指摘でございます!
そういやデッサン習ってた時もよく言われてた。下書きでやめといたら・・って。(爆)
集中力不足っす!あぐー!(T-T)
三歩で人形を180度方向転換というのもやりました。
人形はその場で方向を変えるので、人形遣いが周りを移動します。
これは人形遣いの体のキレが重要だそうです。
ぐるぐるぐるぐる、むきになって回転しているうちに目が回っちゃった。
稽古合間に研修生の人たちは十二代目より、塾生よりも一段高度な扱い方を教えて頂いてます。
塾生が興味津々で覗いていると、「貴方たちはまだマネしちゃだめ、変な癖がついちゃうから。」と釘を刺される。
だって、先輩がやってることはまねっこしたくなっちゃうんですよぉ。(^-^)
最後は輪になって、歩いたり、走ったり、方向転換したり。
気付いたら休み時間全くとってなかったんです。(笑)
くたびれるわけですね。でもね誰も休みたいって言わないんですよ。(笑)
K条、自分のちょいの糸の長さが気になってます。
もうちょっとだけ短くしたらもっと動かしやすくなるのかしら?って。
posted by K条 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

24回目

先週、水曜休んで、土曜日が稽古なかったので、また間が空きました。
何時ものようにカウントしながら足踏みから始まって、三歩で回転へ。
前回この回転の仕方で新しい指示があったようで、休んだK条一寸慌てる!(@-@;)))
聞こうかと思いましたが、とにかくまずは皆の動きに合わせて回ってみよう!
まず人形の右足を左足の前方向に出す。(人形遣いは動かないこと。)
二歩目、左足を動かす時に人形遣いはするりと一気に動く。
最後に右足を左足に合せる・・・とこういう感じです。
逆も同じですな、ふむふむ。休むと聞いてないことがあってドキリとしちゃいます。
さあ次は前回、途中で集中力が切れてぐだぐだになった体重移動しつつ稽古場を往復。
今日はなんとかかんとか最後まで頑張ってみた!!どかな?進歩したかな?
台風で珍しく二日間もずっと家でぐだぐだしてたから体力は回復してるはずだもの!
でも集中は良いが、まだまだ硬いな自分。
その後は小走り、ちょいの糸をだして人形が生きるように!!目的をもって走るのだ!!
バスが来てるバス停に向かって走ったり、お魚くわえたどら猫追いかけたり!(笑)
あれこれ叫びつつ走る!自分で色々設定を考えちゃおう!!
人形遣いが楽しく元気でないと人形は生きてくれないはず!!
さて今日は休憩時間に平台が用意されました、ってか自分たちでセッティング♪
本日のおNEWは台に登って降りる・・・・。こ、これはまたまた難しい!!
人形は必ず登るときは右足から、降りるときは左足からと決まっているそうです。
なぜなら、降りるときに右から降りると残った左足の制御が利かず、ぽっとんと落ちてしまうから。
なるほどー!!ほんとだ!・・と理屈は分かったものの、こーれがそう簡単に昇降できない!
他の人を観察していて、足が上がらないからと、いつもより糸を少し下目に持っていたのに!
まーだ足が上がらない!左足を引き上げるときに台に当たってぶらぶらする。
降りるときには、もう兄さんの体制自体がぐちゃぐちゃと!!(>0<)いやー!
挙句、「皆、台まで歩いて行く事すらおかしくなっちゃってる!!」と指摘が!!
新しいことをするのに、今まで散々訓練していたことが出来なくなっては元も子もない!
でもでも!何だか焦ってしまうんですよね。脳内が一杯一杯になっちゃうし!
台しか目に入らなくなっちゃう!それじゃいかんのはわかってるのだけど・・・。
この一杯一杯から少しでも抜けださないと先に行けないなあ!厳しいすな!!
台の前に来た時に、さあ登るぞと台を意識する(人形が)とかやってみたいの。
人形がちょっと下を見てくれるのはどうやったら良いかな?
ちょいの糸と手板の角度でどのくらい変わるかな?
休み時間に試せるかなぁ?始まると余裕が無いのだ。(*-*)
水曜は「芝居の作り方」講習が入るので、次の人形は土曜日になります。
次回はもうちょっと上手に台に昇降したいなあ!!
「芝居の作り方」ってどんなことをするのだろう?エチュードかしら?
芝居だ芝居!久しぶりに芝居ができるのかな?楽しみだな嬉しいな♪♪(^-^)♪
posted by K条 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

初彼岸花♪

DSC_0030.jpgDSC_0028.jpg台風の日、道端で発見♪(*^▽^)/★*☆♪秋の足音だね。
posted by K条 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

中秋の名月って奴♪

DSC_0033.jpgDSC_0037.jpgDSC_0041.jpg自宅前の雑木林越しの景色がなかなかよろしい。(笑)(ФωФ)
せっかく撮ったから飾っておきましょう。
posted by K条 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中秋の名月って奴♪2

DSC_0044.jpgお月さまアップ♪(*^▽^)/★*☆♪
posted by K条 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

芝居つくり1

お二人目の外部講師の先生の講座です。プロの演出家様です♪
芝居の起源からの神様やその時代の権力者や企業や政治との関係やらやら、お客様との関係の話やらやら。(笑)
地方の町起こしで作っちゃったでかいホールの話とか・・お話は多岐にわたります。
いろんな芝居に関するお話を聞いて・・・ああ、成るほどなと思ったり、レベルは違っても自分なりに思い当たることもあったり。学校の授業だったら寝ちゃいそうですが(笑)、商業演劇に対する毒舌的なお話も交えて、皆、興味深々なようでした。
WEBやメールで全て済ます最近の風潮を嘆いておられました。
「ラブレターもらったことある?いや、もらえなくてもせめて書いたことある?若い子はメールでやっちゃうのかな?」って。(^-^)
字の苦手なK条、肉筆でなければ失礼に当たる方に出す場合以外は手紙でもPCで打っちゃう。
「下手でも字がその人を語る」・・って言うのはわかるけど。自分の中身のほど語っちゃって恥ずかしいんだもん。(爆)
いや、恥ずかしいから見栄はってでも必死に丁寧に書くって行為の方が大事なのかな?
昔、共演した役者さんから達筆の丁寧な葉書を頂いて、ひどく感動したことがあったよ。(*-*)
その時は、字も下手糞だし気のきいた内容も思いつかないしで、何回も何回も書き直してお返事を出したなあ。なんだこいつ馬鹿?・・・って思われちゃうよー!!(T-T)!って必死だった。(笑)
なけなしの見栄はってせめて軽蔑されたくないよーって頑張った。だからって下手な字が綺麗になるわけはないんだけどね。
今日は殆どがお話でしたが、「なんだ!話してただけか!」って思われちゃうから、最後に動こうか!ってことで。
3チームに分かれて、テーマを決めて何かが起きた!それに遭遇した人々の一瞬の反応を止め絵で表現。
残りのチームがああだこうだ!と当てっこしたり、想像したり。
最初は真面目に当てようとしてましたが、そのうちいろんな妄想を語りだす人も!(笑)
やる方も結構皆、思い切りが良くて、表情までちゃんと作ってます。
話す人vs聞く人。演じる人vs見る人。名画も見る人が居なければ無いのと同じことというようなお話もされてました。
人と人との関係があってこそ成り立つもの・・・他人に対して何かを発信する。
他人が表現したものから何かを受け取るというような事でしょうかね?
次回のこの講座はひと月くらい後になります。どんな風に進むのでしょう?
posted by K条 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 入門塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

巾着田壱

DSC_0036.jpgDSC_0045.jpgDSC_0046.jpgDSC_0047.jpgDSC_0076.jpgDSC_0079.jpgあまりにもチョー満開。((o(^∇^)o))今まで見た中でも最高♪遅咲き地点も早咲き地点も一気に咲いちゃった感じ♪
posted by K条 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巾着田弐

DSC_0082.jpgDSC_0098.jpgDSC_0102.jpgDSC_0106.jpgDSC_0117.jpgDSC_0120.jpgDSC_0084.jpg
posted by K条 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする